こころの悩み 健康

こころの悩みやストレスが、頭やあごの痛みに!どうケアしたら?

投稿日:

こころの悩みやストレスを抱えている状態が長く続くと、カラダも影響を受けます。

からだのどの部分に影響がでるのか?その例を紹介すると「あたま」「あご」です。

今回は、なぜ悩みやストレスがあたま・あごに関係があるのかと、カラダのケア方法をお伝えします。

悩みやストレスはあごを緊張させます

悩みやストレスが、いつも小さいうちに解消できたら楽ですよね。

でもそうもいかない問題もあります。

人は、大きな悩み・強いストレスを感じると、あごを緊張させます。つまり歯を食いしばりやすいのです。何かに我慢して耐えるときは、グッと歯を噛みしめますよね。

あと心理学においても、人は悔しい思いのときにくちびるを噛みしめる、という行動をとることがみられます。これもあごに力が入っている状態です。

悩みやストレスは、痛みや病気につながります

あごの緊張が続くと、身体的な痛み・病気を招くことがあります。

それは「顎関節症(がくかんせつしょう)」「頭痛」です。

ある問題のことを考えるたびに、あごに力がはいり、あごをゆがませ・・・痛みが出るまでに至ると、それはかなりつらい症状です。

また、歯をくいしばると、こめかみの筋肉に力が入るのがわかりますか?指先で左右のこめかみに触れながら、グッと歯を噛みしめると、こめかみ部分が硬くなるのがわかると思います。

このこめかみの緊張がくりかえし無意識に起こり、頭痛へとつながります。

悩みやストレスがきたら、あごをゆるめましょう

悩みやストレスはすぐには解消できなくても、カラダへの影響はなるべく小さくしたいです。

なのでもし気持ちが落ち込んできたのに気づいたら、あごをゆるめましょう。

・下あごを小さく左右に揺らしたり、前後に動かしたり。人から見てわからないくらい小さくてもいいです。

・あごにつながっている耳を軽くもむ・ひっぱる。耳まわり、耳のふち、耳たぶ等をつまんだり引っ張ったり揉んだりします。痛くないように行います。

※あごがゆるんでくると、こめかみの緊張が取れやすくなります。

頭痛やあごの痛みがあって、なかなか回復しないなら、もしかしたら気持ちの上で、かなりの我慢・辛抱をしているかもしれません。

ぜひカラダのケアとして、あごをゆるめることを試してみてください。

 

 

-こころの悩み, 健康

Copyright© えりある , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.