こころの悩み

会社で日々会う人との関係は断捨離できる?

投稿日:2018年5月6日 更新日:

人間関係も断捨離すると、あなたの日々は快適になり、運もめぐってきます。

新たな出会いがあったとき、あなたにはその人との関係をそれ以降続けることもできますし、断ることもできます。

では関係を断りたいその相手が、会社の同僚とか上司だったらどうでしょうか?

いやでも顔を合わせなくてはなりませんから、人間関係をもたないわけにはいきませんよね。

今回は、「会わないわけにはいかない人との人間関係の断捨離」についてお伝えします。

 

会社の人間関係を断捨離、その選択肢は?

会社にいる人で、もうどうにも人間関係をもちたくない人とは、どうしたら良いのでしょうか?

いろんな選択肢があります。

・その会社を辞め、転職する

・我慢して人間関係を続ける

・業務に支障がでても、相手を無視する

・その他

 

最も現実的な方法は?

あなたが会社を辞められないとしたら、一番現実的な方法は「その他」です。

その他というのは「ビジネスライク」でお付き合いするということです。

 

人間関係は「ありのまま」同士でうまくいくなんていうのは、赤ちゃん同士くらいです。

少なくとも大人であれば、相手に配慮し、ときには辛抱してお付き合いしているものです。

 

でもそれ以上に関係を断ちたい人とは、より割り切ってビジネスライクでお付き合いするのです。

ビジネスライクはいけないことではありません

お給与をもらってお勤めをしていれば、もうビジネスライクですね。

嫌な時でも笑顔にしたり、敬語をつかったりするのは、給与をもらって生きていく上で仕方ないことです。それがいやなら独立することですね。でもそうできない人のほうが多いでしょう。

ビジネスライクを悪く捉えないでください。生きていく上での、相手に対する配慮と考えても良し。あえて余分な争いをする必要はないのです。

すべてを我慢することもありません。お付き合いしたくないけど、顔を合わせなくてはならない人とは、「この人とはここまで」という線引きをするのが断捨離です。その線を越えてきそうな場面ではしっかり「断」すると決めておきましょう。

気を付けたいことはあなたが「ビジネスライクはよくないんじゃないか」と思ってしまことです。マナーであり、配慮であり、コミュニケーションの方法のひとつだと思って下さい。

 

だれにでも線引きはあります

あなたとどんなに親しい人であっても、あらゆる感情をさらけ出すわけではないですよね。

ですから、出会う人すべてとは、近いところでの線引き、大きく遠い線引きがあっていいのです。

 

その線を超えそうになった相手には、あなたの意志で「断」することが大切ということですね。

-こころの悩み

Copyright© えりある , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.